VRでプクリポになりきろう!【VRM】

VRM

さらにVRの技術的な試験を行ってみました!

今回はプクリポのような超小さなキャラクターを制御できるのか?という検証をしてみました。

MAYA

この髪型めんどかった・・・。

ちなみにモデルはリアフレのキャラクターです。リアフレとしておきましたが、向こうがどう思っているのか物凄い不安です。

unity

見た目はこんな感じに。

糸目なので設定は楽でした。

Luppet

3teneと比較したかったのでLuppetも試してみました。

 

一通り触った感じだとリープモーションの運用としては3teneよりもLuppetの方が圧倒的に優れているように思います。

Luppet
WebカメラとLeapMotionで完結する、3D VTuber向けトラッキングシステム

3teneは立ち絵キャラクターを確認したり、VR対応など設計思想がかなり違うのですが、キャラクターの上半身だけが映るような状況だったらこちらのアプリケーションの方が扱いやすいと思います。

Amazon.co.jp: 【国内正規代理店品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: 【国内正規代理店品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム : パソコン・周辺機器

リープモーションの在庫も復活してました!

ちょっと高いですが、キャラクターの腕をリアルタイムで動かせるようになります。

 

しかし・・・。

なんか足が伸びとる!!

 

一応カメラ位置を修正すればなんとか・・・。

 

低身長のキャラクターでもいけた!

ただ身長低すぎるといろいろと問題を引き起こすこと可能性はありますので、リアルプクリポよりもちょっとだけ高くして制作してみました。

後でフレンドにプレゼントしてみます。

こんなの俺じゃねぇー!!とちゃぶ台投げつけられなきゃいいんですが・・・。

 

 

人間キャラクターの場合は、Vroidを使えばここで公開しているキャラクターよりもいい感じのモデルがわりとすぐに出来るんですが、プクリポみたいなキャラクターの場合はやはりまだまだ自作が大活躍できる余地はあるのかなと・・・。

VRoid
VRoidプロジェクトは、「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念とするピクシブ株式会社による3D事業です。誰もが個性豊かな自分の3Dキャラクターモデルを持ち、そのキャラクターを創作活動やコミュニケーションに活用することができる「1人1アバター」の世界。私たちのミッションは、その未来をテクノロジーとクリエイティブ...
VRM
スポンサーリンク
闇魔研究所をフォローする
闇魔研究所