なぜドラクエ10への否定的な意見が多いのか

ドラクエ10

さて、今日は久しぶりにドラクエ10について書きます。

もう年末は書きたいことがたくさんあったんですが、結局書けず仕舞いで残念。。強いていうならよーすぴサンタで、青山さんが放送ではドラクエ10をやりたい!と言ったすぐによーすぴが他の事にも手を伸ばさなきゃみたいな趣旨の事を言っていたのが印象的でしたね。

あーめろPは自分を貫いてほしいですよ!(´・ω・`)

 

まぁそれは置いといて。

 

今回のテーマはなぜドラクエ10には否定的な意見が多いのか、そして2019年こうなって欲しいという願望を書いていきます!

 

 

スポンサーリンク

 

MMORPGオールドファンには厳しかった2018年

未来を語る前には過去を語らなければいけないので、まずは2018年を軽く総括。

 

 

うーん・・うーん・・・。

 

 

 

 

・・・すいません、10月以降はエアプでした!!(´・ω・`)

ただでさえエアプ感が満載だったので、名実ともにエアプのようになっちゃった・・。

しかし、ある意味で毎月3000円くらいはほとんどプレイしていないのに払っていたので、サーバーに負担を掛けずにお金を貢いでくれた人ランキングではわりと上位に食い込めていると自負しております。

 

ログインできなかったのは単純に余裕がなさすぎたというのが理由なのですが、一応日課はそれなりにこなしていました。

あとはほぼチャットゲーって感じです。

 

さて、個人的な話は置いといて、2018年のドラクエ10は安定と停滞の時代だったと思います。

運営に致命的な失策はな・・・まぁ、宝珠以外なかったと思いますしね。

いつも通り、大型バージョンアップ以降、順調に盛り下がっていったて感じだと思います。

 

・・・何か皮肉めいた言い方になっちゃいましたが、大型バージョンアップ以降で勢いを維持していたのはver2.1くらいなので、これ自体いたって普通の展開です。

それ以外は基本的にドラクエ10は拡張が発売されたバージョン「だけ」は盛り上がるって感じなんですよね。

 

そんなver4はメインストーリーは面白い話が多かったですが、それ以外のコンテンツとしてはver4.1以降、バトルコンテンツとして真新しいものはひとつもありませんでした。

ゼルメアはもうちょっとダンジョンにひたすら潜っていくようなゲームだと思ったんですが、よく言えばシンプル。悪く言えば底が浅いゲームでした。

このようにver4は新しいユーザーや、復帰ユーザー向けの施策が多かったと思います。

古参にとっては聖守護者が新しいコンテンツとなったのですが、別にステータスが上がるわけでもないし・・と思うと、個人的にはあまり盛り上がらず・・・。

かといって魔や賢者や天地以外の職にあまり興味がないので、この作業は数時間あれば終わってしまいます。

結果的にやりたいことがないなーと思う時間が増えてしまいました。

やりたい事があると、寝る間も惜しんでプレイしちゃう事が多いので、それがなかったというのは・・・やっぱりver4.0の頃に比べると熱量はないなあ~・・

 

2018年、キャラクターの強さ”デフレ政策”のまま終了!

そもそも論になってしまうのですが、別に今のドラクエ10に毎日ログインする必要はほとんどないと思います。

温くブラブラやっていけば良いのではないかと思いますし、それが一番(個人的に)合ったプレイスタイルではないかと思っています。

だからなんだって話ですが、それでも、もうちょっと何か要素があれば・・・と思ってしまうのが人情。

例えば、このブログで再三記事にしていたのは成長要素。

やっぱりバージョンが新しくなったver4からRPGらしい育成要素は欲しかったナとは日ごろ常々思っていますが、今のところの情報としては「考えています」くらいしかなく、青写真すら期待できないという状況。

ver5でそれらしいモノを実装して欲しいなとは思いますが、あまり期待を寄せることすらできなそうです。

 

・・・と、ここまでは以前も書いてきたことなのですが今回は「成長要素を設けることの問題点はなに?」これについてはあまり書いてきてなかったので、軽くまとめたいと思います(´・_・`)

成長要素を設けると格差拡大!

まず一点目はver4の一年間で行っていた復帰勢や新規の取り込みをしておいて、成長要素を増やしすぎると格差が開くことになってしまいます。

今のドラクエ10は1からプレイするには胸やけするほどの大ボリュームになっていますし、ドラクエ10には新規と古参の接点が少ない(イベントとか魔塔くらい?)という欠点もありますので、意図的に成長要素を追加していないという可能性です。

常設型コンテンツだと古参と新規が同じステージにたてる数少ないコンテンツが魔塔。

つまらない事を除けば大きな欠点は見当たらない(投げやり)

 

コンテンツの陳腐化を早める!

そしてもう一点。プレイヤーの強さをあげていくと、コンテンツが陳腐化します。

ver3時代は暗黒時代とよく言われますが、プレイヤーの強さだけはどんどんと強化されました。

これはあくまでも主観ですが、ver4よりもver3の方が良かったと考える人はそういう強くなるという実感が持てているという方も多いのではないでしょうか。

ただ、仮にver4でもver3のようなプレイヤーの強化を行っていると、せっかくドラクエ10でまともに機能している数すくないコンテンツの、防衛軍やゼルメアを陳腐化させてしまいます。

コンテンツ実装速度はver2のようにはいきませんので、より状況を悪くしてしまうことになりますよね。

 

ver4の安西Dは、人口のパイが大きい古参と、開発リソースが限られている現状のバランスに相当苦慮してましたが、その答えがイベントの連発です。

「成長要素は増やせない。新規と古参に一緒のステージを提供する。開発リソースはない。」とすると、この選択は個人的にはやめてほしいですが、ゲーム全体といえば妥当ではないかと思います。

 

しかし、ドルボードレースや真夜中のプリズランはver3の頃のイベントに比べるととても面白く感じましたが、結論を言えばイベントは多くのユーザーに支持されるまでには至りませんでした。

 

ドラクエ10というのはあくまでもバトルを行うためのゲームであって、それ以外のイベントといって他のゲームの劣化になってしまいがちに思います。

 

なぜドラクエ10には否定的な意見が多いのか

 

スポンサーリンク

ではなぜ今のドラクエ10が否定的な意見がどうしても目立ってしまっているのか。

 

 

これはユーザーの持つドラクエ10像と、実態のドラクエ10像の乖離にあるのではないでしょうか。

 

例えば、やっぱりドラクエというゲームはレベル上げをすればなんとかなるという印象を持ちやすいですし、実際ver1時代は完全にレベルを上げるゲームでした。

実はこの考えって第一世代のMMORPG、FF11やROの設計に近いんですよね。

 

ところが現在のドラクエ10はどうでしょうか。

聖守護者・・常闇・・・。

 

よくよく考えればドラクエ10というゲームの中身はコンテンツ重視型の第二世代MMORPGに近くなっている事に気づかされます。

 

 

第二世代型MMORPG

インスタンスダンジョンやコンテンツという概念を持ってつくられたMMORPG

代表格はWoW 国産ではFF14があげられる

 

ただのこのコンテンツ型のMMORPGはレベルという概念はもちろんあるのですが、糸乱れぬチームワークといったプレイヤーの成長に重きを置いている傾向が強いです。

今ドラクエ10で乱発されるイベントも、ある意味ではかなりライトな第二世代型のMMORPGのコンテンツともいえます。

 

こういった第二世代MMORPG化するドラクエ10に、プレイヤーの持つドラクエ像が衝突してしまい、乖離が激しいものになってしまっているのではないでしょうか。

 

その丁度良い落としどころはどこになるのか考えなくてはいけません・・・が。

 

これは相当ムズカシイ話です。

 

廃層だったり、ライト層だったり、ドラクエファンであったり、あるゆる層に良い顔をしようとしつつ、新規優遇をしている状態でそれができるとは思えません。

 

2019年の鍵はドラクエのレガシー

これは大きな問題ですが、そもそも問題を解決しないという選択肢があります。

 

それはドラクエには他のMMORPGにはないレガシーの活用です。

不満があるならば大きな魅力でそれを覆い隠してしまえばいいという考えです。

 

しかし、過去のボス登場は今のところ難しいようで、なかなか星ドラのようにはいかないようで、このあたりは去年のプレイヤー座談会でも指摘された点ですよね。

これにはがっかりです。せっかく竜王やゾーマが出てきているのに、単なるイベント戦で終わってしまうのは勿体なさ過ぎます!!

 

ただ、それが不可能で、過去ボスというレガシーは使えないにしても、「それらしい事」はできるのではないでしょうか。

 

例えばver1.5の災厄の王は物凄く盛り上がったと記憶しています。

強敵であることもそうなのですが、あの「エスターク」に似ているというのも盛り上がったポイントだったと思います。

当時はエセタークとか呼ばれてましたが。

災厄にはいろいろな関連性を疑っちゃいましたし、災厄がいなかったら、メインストーリーが1.0で終わってしまったver1です。さすがに一旦課金切らしていたかもしれません。

 

そんな感じで、例えば聖守護者でも、過去ボスを連想させるようなデザインのモンスターにしてくれれば、コイツには勝ちたいっ!!という気にさせてくれるのではないでしょうか。

 

やれ育成要素だイベントだという不満を覆い隠すような魅力がドラクエ10にあればそれで良いのではないかと思います。

 

ver5が実装されれば、否応なしにまずはドラクエ10、絶対盛り上がると思います。

ただその盛り上がりを持続させる方法をver1時代からくみ取っていって欲しいな~・・(´・ω・`)

 

mesa3

 

 

 

 

 

良い記事だと思ったら応援お願いします!

 

 

 

 

Vチューバーはじめました

ブログで書ききれない部分などめさしゅみの中の人「闇魔研究所研究員」が動画をつくってます!

mesa3

 

 

 

 

 

 

 

ドラクエ10
スポンサーリンク


mesa3

リツイート、いいね、お待ちしてます♪
yamimaをフォローする
闇魔研究所