保守速報の敗訴とまとめブログの闇

シェアする

さて、今日は少々重めな上、あまりドラクエ10とは関係がない話になりますが、まとめブログの運営に影響を与えそうな判例が出たようなので記事にします。

以下ヤフーニュースから抜粋。

まとめサイト「保守速報」をめぐり、その差別的な内容によって名誉を毀損されたとして在日朝鮮人の女性が同サイトを訴えていた裁判で、最高裁第三小法廷(宮崎裕子裁判長)は12月11日付で、保守速報側の上告を棄却した。保守速報に対し、損害賠償200万円の支払いを命じる判決が確定した。

イデオロギー的な論議はこのブログでは控え目にしておきますが、ひとつだけ言うと、「真実はネットの中にある!」と主張しておきながら、いざ自分に火の粉が降りかかると、「5chの内容をまとめただけだ。知らん。」みたいな反論ってダブルスタンダード過ぎますよね。

例えば日本のマスコミはヨーロッパの情勢を極右が台頭している大変だ!イタリアも極右政権だっ!みたいな論調が強いのですが、実際のところはイタリアの同盟もフォルツァ・イタリアも保守政党ですし、極右政党のフォルツァ・ノーヴァはまったく議席が取れないでいます。

ただ、ネットの保守を名乗る界隈がこのありさまだと、マスコミが保守や極右という概念を混合させてしまう格好の口実を与える結果になってしまいます。これは言論において大きなマイナスです。

ヘイトスピーチは恥じるべきことです。

さて、この話題は言いたいことは言い切りましたので本題に入ります。

今回に裁判で注目していただきたいポイントはココです。「ネット上にあるものをまとめただけという主張は通用しなかった。」

という点です。

誤った情報をまとめたり、極端に偏った内容の記事をつくってしまった場合も、管理人はただまとめただけだから関係ないという言い逃れが出来ていましたが、今後はリスクが増えることになります。

実際にネット上にはヘイトスピーチに認定されているまとめブログも出てきていますし、今後そのようなまとめブログは少なくなってくるのではないかと思います。

ただ、ドラテンブログ界には名誉棄損で訴えられそうなブログは今の現在はそうないので、大きな影響が出るとは考えづらいです。

まぁ、ちょっと前だと俺様はランキングから駆逐されたとかでしたっけ。

名前は忘れましたが、あのブログはかなり危険な橋を渡っているなという印象はありましたね。

えっと・・もう言いたいことはほぼ言ってしまったのですが、ちょうど良い機会なので、まとめブログについていろいろ語りたいと思います!(´・ω・`)

スポンサーリンク

オワコン化する個人ブログとまとめブログの凄まじい影響力

このブログも人気ブログランキングに登録している身なので身近なところから見ていきますが、人気ブログランキング総合に上位に目を通すとかなり面白い傾向が見えてきました。右、猫、ドラテンです。

ちょっとドラクエ10は弱い気もしますが、一応ブログランキング三大勢力にいれておきます!

なぜこの3つのジャンルが!? 

面白い傾向といえばそうですが、逆にこの三つ以外のジャンルのランキングはほとんど機能していないようです。

他のMMORPGのブログの人気ブログランキングの順位はもぬけの殻といって差し支えないレベルで、ドラクエ10だけが突出しているという状況は5年以上変わっていません。

実は先ほど挙げた右、猫、ドラテン」は個人ブログが唯一息をしている離れ小島のような存在だったのです。ブログ全盛期と呼ばれた10年前と比べると実に寂しいものです。

・・・ブログはオワコンだっ!!

確かにこれだけ見てしまえばブログの勢いはなく、オワコン化しつつあるのは否定できない事だと思います。

ところが、それは個人ブログに限った話で、まとめブログについてはまだまだ勢いを保っています。

オレ的ゲーム速報@刃

エルおじ速報

ドラクエ10で現在アクセス数的に最大手のブログはエルおじ速報とゲーム系最大手のブログの訪問数を掲載してみました。(エルおじ速報はドラクエ10というジャンルの中でトップの数です。)

正確な数字なのかはわかりませんが、凄まじいユーザー数です。この合計訪問数はPVとは少々異なるのですが、付け加えておくと、オレ的ゲーム速報@刃の一か月のPV数は1億4000万です。

この数字は実際のマスコミのサイトだと読売新聞と同等毎日新聞よりも多いようで、まとめブログのアクセス数の多さが分かるかと思います。

もちろんまとめブログの大手は数十とありますので、これらを集めれば、既成のマスコミのサイトよりもアクセスをまず間違いなく稼いでいます。

さて、まとめブログの流行った点はいくつもありますが、ひとつは様々な意見を見ることができるという点だと思います。

まとめブログの意見が客観的なものではまったくないのですが、そう見えるという点が重要ではないでしょうか。

個人の主観だけで語ることになる個人ブログと比較して気軽に見やすい事は確かですよね。

この傾向は自分の身を持っても感じるところが多いです。

まとめブログとテレビの共通点

ひとつ思ったのが、全体を通すとこの件を取り上げているまとめブログは少ないんですよね。

別にテレビやまとめブログを否定するような意見ではありませんが、テレビはテレビの不祥事を。まとめブログはまとめブログの不祥事を特集する事はすくないという事を理解する必要があります。

少々上から目線のようなものの言い方になってしまう事を許して頂きたいのですが、例えばYouTubeでも、サムネでは過激な事を書いておいて、実際はそこまで極端な事を発言していないというパターンをよく見かけます。

過激な事は人の心をどうしても引き付ける傾向があるんですよね。

自分にその傾向がない訳ではありませんが、少なくともゼロか100かという極端な考えをするのはもう終わりにしないといけません。

テレビもまとめブログもひとつの情報で、それを判断するために、微力すぎてあるんだかないんだかわかりませんが、勉強していきたいと思います!(´・ω・`)

ということで、まとめブログの闇を記事にしてみました。

どうしてもイデオロギー的な事を話さなければいけませんでしたが、まぁ別に忖度せずに今まで書いてきましたからね。

たまにはこんな記事も良いのではないでしょうか。

良い記事だと思ったら応援お願いします!

mesa3

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)