3Dプリンタでレギルラッゾのフィギュアをつくる! 完結編

シェアする

大物二体を作るのはかなり骨の折れる作業でして、相方、ローガスト完成までプリンタ系の記事が多くなってしまいますが、もうしばらくお付き合いください(`・ω・´)ゞ

第一回

実は聖守護者3にはまだ、まともに挑戦すらしていない・・・というありさまなのですが、レギルラッゾのフィギュアを作ったら、もう実質倒したことにな...

第二回

第一回 いやあ・・・・毎度思うんですけど、どうしてこう上手く事が運ばないのでしょうか。 どうして生み出し...

全5回くらいで予定していたレギルラッゾですが、企画が間延びしてしまうのも避けたいので、・・・。

なんとか土日で完成させました!!

めっちゃ疲れたし、ブログもドラテンもほぼできませんでしたが、作っていてとても楽しかったです♪

・・・・これなんのブログなんだろう?(´・ω・`)

スポンサーリンク

まぁ細かい事は気にしないでおきます。

ということで、完成形・・・御覧ください!!

レギルラッゾといったらこのアングル!

どやぁ・・。

正面から。ホンモノよりも頭少し小さくしてガタイを良くしています。

甲羅多すぎだろ!!!

この甲羅、前につけたらお前鉄壁になるんじゃね?

レギたん「ソノ手ガアッタカ・・・」

レギたん「前ガミエネェ」

制作記

ということで以下、制作記です(`・ω・´)ゞ

すでに甲羅編で語ったように、全長15㎝でサイズを抑えてつくったつもりでしたが、予想の1.5倍くらいでかくなってしまいました(;´・ω・)

実はこのブログで紹介した以外にもドラクエ10以外のキャラクターを作ったり試作していたので、ノウハウもだいぶ蓄積されて、今回は表面処理の精度が上がったと思います。

二作目のネルゲルと比較してみます。

簡単な研磨とサフ吹きのみ

リューターによる研磨+溶きパテ+研磨

ただ、1000番などの細かい目のやすりで磨いた訳ではありませんので、完璧とはいきません(´・ω・`)

180番のやすり→400番のやすり で粗目のサフ吹いて終了です。

この辺りは1週間と少しで完成させたいブログという体裁もあるのでスピード重視で作業しました。

塗装は完全にラッカーに移行

このブログでの制作ではラッカーのシンナー臭は避けたかったので、アクリル絵の具とアクリル塗料を使用していましたが、どうしてもエアブラシで詰まることが多く・・・(´;ω;`)

塗料の性能はシタデルカラ―を使ったときに感動を覚えたのですが、アクリル塗料と同様に乾燥した後は塗料を溶かせないので、パレットの管理が難しかったです。

なにより値段が高すぎるのがイタイ。

▲シタデルカラー 最強のアクリル塗料として知られるが1つ500円のため、めさしゅみ帝国は財政破綻した

そこでドラポヨロンでの使用したラッカー系の塗料を本格的に導入してみました。

ミニサイズはひとつ120円で買えて、いんぺい力などの性能は高級アクリル塗料と同等以上です。だが臭い。

エアブラシでのつまりも少なくなり、なにより乾燥しても溶剤で簡単に戻すことができるという神仕様。だが臭い。

乾燥した溶剤で溶かして、箱にこびりついた塗料を使って筆塗りもできます。だが臭い。

あと、臭いも慣れますね(白目

実はラッカー塗装のための本格的塗装ブースも部屋に設置しました

エアブラシもすこしずつ慣れてきました!♪

こんな感じで筆塗り+エアブラシを繰り返して・・・

塗装完了っ!!

思い通りに塗れてきたので制作が楽しくなってきました。

今回使った3Dプリンタは例によって購入時7万円。わずか2か月で5万円まで値下がりした超激安3Dプリンタfinderさんです。

たった5万円でいい感じに造形できる時代になるとは・・。

生きててよかった(´∀`)

という事で、最後まで見てくれてありがとうございました♪

かっこよくできてる!と思った方は応援お願いします!

mesa3

おまけ

ローガストと一緒に撮影することにしました!!

・・・・・

ローガスト「バウ!」

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)