全エル子ブロガーに宣戦布告する!エル子ドレスアップマスターは・・・

シェアする

このめさしゅみだーー!!!

超激かわドレスアップに本気を出すよ!!(*´д`*)

画像引用 エースコンバット5

全エル子ブロガーに宣戦布告DA!!

エル子超ドレスアップ論その1

まずエル子をやめます

ダイナミック土下座。

勝てぬ戦はするな!

考えて頂きたい。自分の胸に手を当て、もし該当しないなら周りの母親、姉、妹なりの世の女性の行動を見てほしい。

テレビに映っている、例えば”もてはやされた女優”に対して、なんと言っているだろうか。

「~ってそんなにかわいいの?」 「かわいくないよね。別に。」

可愛さは求める事は、時として可愛さを失うことになるのだ。

エル子のドレスアップの道は「おじ」からスタートする。そこからいかにおじ感を消すか。あるいは突き抜けるかの二択に迫られる。

そのような重大な決断をしつつのハンディキャップを背負うことは好ましくない。

エル子超ドレスアップ論2

プクリポになろう!!

可愛さの対立という血みどろの内戦に足を踏み入れる必要はないだろう。

まずはとりあえず何をしても許される感があるプクリポになることをおすすめする。

しかし。御覧のように、仮装メイク道具を使うとエルフで選択した番号のパーツがそのままプクリポに引き継がれる。

このままではヒッピーと間違えられる可能性を生むので早急に姿を変えるべきだろう。

これが最終的な姿となった。

写真に落とすとして、髪の毛は色が薄い方が背景とのコントラストをはっきりとさせる傾向にある。

ここは限りなく銀髪に近い金色を選択しつつ、なんとなくシャレオツな髪型にした。

ついでに言うと、この目がヤバイ事に気づく。

白目剥いてあっちの世界へ旅立っている・・!どうゆうことだこれは!!

死後3日経過した魚の目をしている

アイコンを除き、この時点で、男女問わず感じるであろう可愛さの表現にはある程度成功している。

しかし注意して欲しいのが制服だ。

制服はコスプレにおいても人気が高いが、おじ感を引き出しかねない危険なアイテムでもある。いくらプクリポとはいえ、安易な使用はリスクを伴う。

エル子超ドレスアップ論3

同様に注意すべきは、メイド服、ゴスロリだ。これらはコスプレとして人気が高いが、やはり制服同様避けるべき代物といえるだろう。

また、ワンピースも男受けが良い服の筆頭と知られている。特に黒髪、麦わら帽子、ワンピースを装備することでおじの化身となる可能性を高めるため、大きな理由がなければ選択する必要はないだろう。

プクリポである時点で小動物感があるため、時として鼻に付くこともある。

クズリポが媚びやがってクソが!!と思う層は一定数いる。確かにそのようなマイノリティを考慮する必要はないかもしれないが、今回目指すのは究極のドレスアップ。

あえて危険を冒す必要はないだろう。

究極のドレスアップの道は険しい

エル子超ドレスアップ論4「ついに制作に移る!」

やはり究極のドレスアップを行うには、ある程度の資金が必要になる。

例えばこのように、たかが1日。たかが1記事のためでも値が張る色も躊躇しないことが大切だ。

と、言いたいところだがやはりこの色はよくない。

なるほど。今回はイエロークリップにしてみよう。

ああ~なんかまたまたこっちの方が安い!!まいったなぁほんとたまたまなんだけどなぁ!

まだ完成写真はお見せできないが、このようなブログ記事として公開する場合ドレスアップはどうしても写真とセットと考える傾向にある。

様々な凝った写真にはとてもかなわないが、ここはやはり”プクリポらしさ”を全面的に押し出してみよう。

・・・・

これが究極のエル子ドレスアップだ!!!(エル子とは言っていない)

えっ微妙? だがちょっと待って欲しい。

それは少し前のめりすぎではないだろうか。

ドレスアップ費節約・・・いや、あえて素足にすることによって自然と共に歩んできたプクリポの躍動感を演出。

さらにプクリポのナショナルタウンであるプクレットを選んだ。

初期服はショップ製だが、ショップ製はこれ一つに抑えている。花を添えることで花の民であるプクリポの悠久の歴史を感じさせる内容となっているのではないか。

・・・・・・

・・・・・・違う!!何かが違う!!きっとこれではクソダサドレスアップ手抜き乙とか言われるに決まっている! 

雷100耐性を批判して炎上したクズ、韓国の悪口ばかり記事を書くレイシスト。法人ブログを擁護する犯罪者予備軍の次なる称号・・

「クソださドレアおじ」とかそんな称号を得てしまう!!

これでは、だめだ!!

エル子超ドレスアップ論5「究極のドレスアップが完成」

そもそも・・そもそも、ドレスアップをする必要があるのだろうか。

キャラクターは必要なのだろうか。考え見てほしい。本来キャラクターをふ瞰で見ることはあまりにも非現実的ではないだろうか。キャラクターが自分の分身だとしたら、その目線で物事を見続けることが必要ではないだろうか。

これだ!!!

これが究極のエル子ドレスアップだ!

海原雄山も納得。これはもう桑の実だ!!そうだろ!

出オチ乙と思った方もそうでない方も応援お願いします!

mesa3

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)