聖守護者の実装でキャラ性能の大幅強化が来る!?

シェアする

新しい強敵コンテンツ、聖守護者が実装されました!

昨日はログインできたのが夜でクエストクリアできたのが深夜というありさまだったので・・・・

サポで臨んだ死骸写真しかありません。。。(´・ω・`)

一応挑戦した程度です・・。次の1は日曜なのでそのときにまたガンバル。たぶん。

まぁそんな状況ですが、フレンド1人、2人召喚して勝てたというメイブのレベルに比較すると、コイツすげぇ強いですよね。

正直なところ、ここまで強いとは。。。

レグナードは1から既に強かったとは思いますが、それでもまったく勝ち目がないという戦いではなかったと思いますので、ver3.1以来の衝撃といえます。

装備も高騰してるので、まぁ1か月後とか少し落ち着いたらコバンザメ的な感じで強PTに入れてもらって倒すつもりです(・ω・)ノ

個人的にはサポでギリギリ倒せず、フレンドを召喚してなんとか倒したよー程度の難易度だと嬉しかったのですが、この超高難易度で見えてきた点がいくつかあるので、そこを記事にしたいと思います!

あっ聖守護者の事ほとんど出てきませんので、あしからず。

ついに強さのインフレ政策に舵をきってきたver4

ver4の安西Dは大きな失策もなく、良くも悪くも無難にここまで進んでいますが、思ったよりも不満の声が大きい上に、ログインする人も少なくなってるなーと最近感じます。まぁあまり元気がないですよねドラテン。

以前の記事でその大きな原因は、キャラクター性能が上がらないからではないか?と勝手ながら分析していきました。あれほどスカスカと呼ばれたver3が一応踏みとどまったのは、強敵の実装→キャラ強化という一定のルーチンワークが維持されて、キャラクター性能はインフレしたことにあります。

それがないver4はいわばキャラクター性能のデフレ時代とも言え、あくまでも一つの要因ではありますが、それが不満へ繋がっているのではないかと分析してきました。

ところが、今回の聖守護者は予想を遥かに上回る強さで普通にビビるレベルでした。

リアル経済に例えるならば、いきなり物価上昇率50%くらい達成してしまって、けっこうな人がこんな給料じゃ暮らせるかー!!っと匙を投げたい衝動に駆られているのが今の情勢ではいないかと思います。

ただ、ドラクエ10では強敵コンテンツの実装の後には必ずキャラクターを強化する仕様を組み込んできたという経緯を同時に抑えるべきではないでしょうか。

その代表的な例がレグナードが実装された後のver3.1後期~3.2後期の政策です。

戦陣のベルト実装

魔法の迷宮でカードを4枚投入可能に

レベル90→93

ザルトラのアクセ実装(雷耐性の大幅アップ)

戦陣のベルトの効果封印実装

宝珠飾り石の実装

・・・・こんな感じ。

レグナードでまずは敵キャラクターの強さのインフレをおこし、次のバージョンでキャラクターの強さのインフレを起こしているのがわかります。

物価が上がった後にきちんと給料が上がるという、みんなニッコリのやさしい世界があったんです(たぶん

それで肝心のver4.2ですが

予定としては、レベル100→105。

それ以外には新しいバトルコンテンツが実装されると昨年10月の段階で安西Dも言っているので、キャラクター性能はver4でもっとも大きな成長になる可能性が高いです。

キャラ性能の停滞はver4.1で恐らくもうオワリでしょう。

新強敵コンテンツはなぜこれほど注目されるのか

・・・と、ここまで強敵コンテンツがあたかもドラクエ10の中心で超必須コンテンツのように書いてきたのですが、果たしてそうでしょうか。

そもそもこんな注目されるポテンシャルが、このコンテンツにあるのでしょうか?

ちょっと話はそれてしまうのですが、ドラクエ10は物凄く親切なゲームです。新しいボスに、とりあえず全員がアクセスできるだけで、MMORPGとして異例の親切さです。

例えばROのボスの場合ですが、当時使っていたジョブはウィザードでしたが(全然かわってないな。。)このジョブは雑魚処理専門職でボス戦にはとことん向かないジョブでした。

狩った事があるのは、エドガーとかアインブロクのボスくらい?

そもそもボス戦というコンテンツにアクセスすらできないので、ドラクエ10から見れば鬼畜の所業ともいえる程の突っぱね方だったと思います。

けれども、ドラクエ10の親切さがある意味で仇でもあって、全員がアクセスすることができるので、全員が乗り越えなければならない壁のように「思われてしまう」傾向があるんだと思います。

しかも、ドラクエ10はコンテンツ不足・・・いや、これも厳密に言うと違うとは思うんですよね。

コンテンツ不足というよりは、キャラクターの成長の限界がすぐにきて、強敵の陳腐化も比較的早いので、キャラ性能と強敵の関係が停滞しやすい事による、コンテンツ不足っぽい現象というべきかもしれません。

この停滞のバランスが崩れた瞬間に、それを崩したコンテンツが物凄い注目を浴びるという現象をドラクエ10は繰り返しているといえます。

しかも、昔のMMORPGにあった、魔法全無効の装備とか、神器と呼ばれた装備が手に入る訳でもなく、このコンテンツに報酬としての魅力があるかといえば微妙なところです。

つまり、異様なまでの過大評価が一時的にされるのがドラクエ10のエンドコンテンツではないかと思います。

なぜ反発の声は大きいのか?

案の定、提案広場では「強すぎる!」「みんなが楽しむことができるボスにして!」という声は出ていますし、反発の声は小さくないみたいです。

否応なしに注目されてしまう強敵コンテンツに参加できないのなるのは、辛いものですし、メイブみたいにフレンドと頑張ればとりあえず1は倒せるよ!というバランスが嬉しかったなーとは最初に書いてきましたので、心境は似ています。

けれども、じゃあ強敵コンテンツが完全にない状態が良いのかと言えば

それって・・あんまり面白くないですよね。

コイツ本当に勝てんのかよ!?という敵が居た方がゲームとしては盛り上がる、これは確かなことだと思います。

聖守護者の配慮かどうかわかりませんが、実装時期がver4.1の後半の4月中旬。ver4.2実装が5月下旬だとしても、その鮮度の期間はレグナードよりも短いので、今回のコンテンツに参加できかった人への時期的な配慮と言えるかもしれません。

一番のベストは強敵コンテンツと同時に中間コンテンツを実装することですが、残念ながら今まで幾度も出来ていないものが今後できるとは思えません。

ただそう悲観する必要もなく、ドラクエ10のよくある現象をあらためて確認しますと・・

「強敵もしくは良報酬の最新コンテンツが異様に注目されるドラクエ10」

この考えに従えば、ver4.2で早くも聖守護者の陳腐化がはじまり、新しいものにシフトされていくのではないかと思います。

2017年10月ごろの安西Dの発言をまとめると・・・

「8人を越えるPTコンテンツはver4.3以降。」

「ver4.2では大きなバトルコンテンツ」

という二つのヒントとなる言葉を残しています。

このコンテンツが超絶強敵コンテンツである可能性もないとは言い切れませんが、よほどの発狂をしない限り、「ミドル寄りのコンテンツ+良報酬」を実装すると考えるのが自然だと思いますので、運営を叩くのならば、まずはそれを待ってからでも良いのではないでしょうか。

とりあえず盛り上がってくれれば良い・・・!と思う

今までのドラクエ10はいい意味でも悪い意味でも安定&停滞って感じで、元気があまりない状態でした。

その点、聖守護者はとりあえずRPGというゲームの流れを踏まえたコンテンツなので、この際賛否が分かれても良いのではないでしょうか。

例えば、このブログのコメントを公開したとしたら匿名で、「勝てない奴が偉そうに!」と絶対付くと思うんですけれども、MMORPGのバトルコンテンツの根っこをいえば「おれTUEEEE」と「嫉妬」で構成されているのではないかと思いますし、そういう風にイキっている輩が湧いてくるゲームの方が、良い悪いは別にしても、「元気がある」といえますしね。

まぁ、まったり人が集まったら、また挑戦してみたいと思います!!(´・ω・`)

まとめ

・強さのインフレ、ドラゴンボール現象がついに再開された!

・過去の事例では次のバージョンで大幅なキャラクターの強化が行われる

・ver4.2では「大きなバトルコンテンツ」が実装されて、聖守護者の流行りは一旦そこで終わる

・とりあえず、賛否が分かれても”元気”がある方がゲームとしては良いのでは?※学園、人狼除く

mesa3

面白い記事だと思ったら応援お願いします!

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)