アストルティア見聞録 ドワチャッカ大陸編

シェアする

※旧ブログからの引っ越し記事です
今回のアストルティア見聞録はドワチャッカ大陸を特集します!
かつて高度な文明が栄えていた、その他の大陸とは大きく異なった歴史を歩んできたドワチャッカ・・・。

そこは、終わってしまった後のセカイだった・・・!?

神話の時代に「ワギ」によって創造されたドワーフたちの大陸、ドワチャッカ。

ドワチャッカ大陸の文明は、少なくともレンダーシアに次ぐ長い歴史を持ち、今から四千年前に三闘士が大陸を開拓したことに遡る。

彼らの遺品である斧、ハンマー、盾は、後の時代に建国された国々に受け継がれた。

ウルベア帝国の第7代皇帝のボラングムニスにおいては、己の死後に老いても
三闘士のハンマーを 同じ日次に入れるよう臣下の者に 強く命じたほどだという。

 

三国時代

ドワチャッカ大陸が最盛を極めたのは、今から3000年以上前に遡る。
高度な文明によって、反重力装置や空間移動装置など、あらゆる科学が発展し、文明は栄華をきわめた。
その後、地下戦争によって文明が崩壊するまでの期間を三国時代と呼ぶ。

この三国は、ドワチャッカ大陸開拓した三闘士の末裔が築いた国とされる。

・ウルベア地下帝国

ウルベア地下帝国が最盛を極めたのは、今から3000年以上前に遡る。
高度な文明によって、反重力装置や空間移動装置など、あらゆる科学が発展し、文明は栄華をきわめた。
その後、地下戦争が原因となり文明が崩壊するまでの期間を三国時代と呼ぶ。

この三国の中でも最大の国家がウルベア地下帝国で、大陸の大部分を版図に収めていたようだ。

三闘士が大陸を開拓した時代から1000年後に第七代の皇帝と書かれていることから、当時から既に数百年の歴史を誇っていた。

『ウルベア地下遺跡を読み解く』によれば、ドルワーム王立研究院は地下遺跡の調査を行った結果、遺跡と同じ特徴の持つ青白い石片が大陸各所で発掘されたとされる。

つまり、帝国は大陸全土にまたがった巨大な”地下”帝国ではないかと考えられ、この無茶とも言える見解は否定される材料もなく、学会では有力な見解となっているようだ。

・ガデリア皇国

WS000116

ドワチャッカ大陸西部の地下を勢力下においていた帝政国家。
反重力装置を利用したドルボードや、三闘士のオノを利用した空間転移装置など高度な文明を誇っていた。
しかし、ウルベア帝国との戦争の結果滅亡。ほとんどの技術を失った。

現在では大陸のわずかな場所に、かつての技術を発掘して活用する例が見られる。

かつては皇太子、ビャン・ダオはウルベア魔人兵によって守られ現在まで冷凍睡眠された状態で生き残っていた。

ドルワーム王国
ニ大国の地下戦争を生き抜いたものの、ウルベア帝国滅亡から数十年後、その後生まれた天魔クァバルナによって滅亡する。
それから2000年にも渡り歴史は断絶してしまうが、その後の末裔によって新ドルワーム王国として復興するに至る。
王族しか制御出来ない太陽石の力によって、かつての技術を発掘して当時の文明の一部を維持している。

政治

WS0003421

赤・・・ドルワーム王国
緑・・・岳都ガタラ
青・・・アグラニの町

現在の新ドルワーム王国は、旧世界からの歴史の断絶を経て復活を遂げた絶対王政の国。
その復活の契機は、数百年前(恐らく400年前)に当時、学界の異端児と呼ばれた考古学者、ペプドェルが、ゴブル砂漠の真ん中で一本の錫杖(しゃくじょう)を見つけた事に始まる。
ペブドゥルはそれに基づき、ゴブル砂漠に遺跡が眠っているという仮説を立てる。
生涯をかけた発掘作業の末、ついに発見されたのが、今のドルワーム水晶宮である。

ダウンロード (46)

ダウンロード (53)

ドルワーム王国は大陸の中心的な国であるが、規模はそこまで大きくなく、直轄領は特に持たないが、
地域の影響力はあり、アグラニの町の採掘システムなどの保守に関わっている。
また、太陽石の枯渇から国家存亡の危機に陥っており、頼みの綱でもあった魔瘴石を太陽石に作り変える技術も天魔クァバルナの復活を招いてしまう。
さらに変換されすぎた太陽石の暴走も発生させてしまうも、エネルギー問題の急場は一応凌げたようだ。
しかし、問題の解決には程遠く、太陽石の枯渇問題は解決できていない。
また、街自体も神カラクリぬが張り巡らされているなど非効率極まりない構造・・・もうちょっとなんとかした方が良いのでは。。。
後継者のラミザ王子はバランス感覚のある持ち主だが、「ドゥラくんかわいそう・・・」の台詞ばかりが先行して、名前を忘れ去られているかわいそうな人物。ちなみに彼が装備しているのは、王者装備である。

WS000146

ガタラはドルワーム王国とは直接、繋がりを持たない独立した街。

ダウンロード (52)

ツルハシのモチーフや採掘ギルドの存在など、鉱山の街として栄えているように見えるが、特にめぼしい鉱山は既になく、当時採掘に使われていたであろう地域が、住宅地として存在している。
かつてのウルベア地下帝国に距離的にもっとも近い街で、三闘士のお膝元と自称している。
ダストンは城主を自称しているが、あくまで自分の家のことを指しており、特に街の長という訳ではない。
ちなみにラッカラン島のオーナーのゴーレックは、ダストンの弟であるようだ。

アグラニの町はドワーフ発祥の地であるが、エルトナとは違い、神格化はされていない。

ダウンロード (48)

辺境に位置しているが故に戦災を免れたのか、地表近くにあるのにも関わらず、かつての遺産が現存している。
この町はドルワーム王国の影響力が強く、ドルワームの研究員が、神カラクリの保守のために滞在している。
産出された鉱石などが、同国の経済を支えているのだろうか。

気候

 

ドワチャッカ大陸の気候は高温であり、酷く乾燥している。

ダウンロード (41)

他の大陸からの冒険者は熱中症にかかってしまうほどだ。
分厚い溶岩層の影響もあるのか、平野部では植物が育たず、不毛の大地が広がる。
このため、彼らの生活範囲は大陸南端の気候に恵まれた地域か、標高が高いためすごしやすい山岳部に居住するに留まっている。
高い文明を維持しているドルワーム王国は、厳しい環境下に都市があるのにも関わらず発展しており、国全体に空調機能などがあるのかもしれない。

経済

 

火山活動が活発だったドワチャッカ大陸は鉱業が盛んだ。現在もアグラニは鉱山の街として栄えており、旧世界の遺産のおかげで地下深く採掘することが可能となっているようだ。

この町は上層と下層に別れているめずらしい町といえる。

しかし、それ以外の地域では、現在の技術ではこれ以上採掘するのは困難なのか、大陸各地の鉱山の多くは既に捨て去られており、魔物が徘徊するだけのなんとも侘しい有様になっている。

ダウンロード (45)

非常に大規模なダラズ採掘場。
しかし、人の影はなく、凄まじい砂嵐があたりを襲う。

遺産である防砂ダムと呼ばれるものが、主にガタラ方面の地域への砂の進出を防いでいると思われる。

ダウンロード (43)

これにより、カルデア山道以西の地域は草原地帯が広がっており、わずかばかりの森林資源もある。

防砂ダムは謎が多いが、ダムの内部は極端に砂が排出されているためか、近隣エリアとは思えない美しい情景を望む。

ダウンロード (40)

旧世界のドワーフたちが理想の世界を作り出すための装置だったのかもしれない・・・。

ドワーフたちは掘るだけではなく、その加工技術も優れている。
アグラニの町では、鉱業以外にも、その細工技術を求めて、大陸各地から商人が集う。WS000341
ドワーフたちは、建設産業も高い技術力を誇り、ドルワーム城下町にあるドン家は、かつての名建築家の末裔とされる。
この一族は、ヴェリナード城や、不思議の魔塔の建築に携わったとされる。その名残で、大きなお屋敷を構えているものの、高い税金を取られている有様のようだ。WS000151次にドワーフたちの食事を覗いてみる。香辛料が入ったものを良く好み、カレーなどに近いものが見られた。
庶民の食生活はかなり充実したものといえるのではないだろうか。

ダウンロード (36)

また、各家庭には謎の香辛料(?)が大量に入った袋などがあり、穀物よりもむしろ数が多い。

ダウンロード (35)

もしかしたらドワーフは大量の香辛料を大量に使うか、そのまま食べることもありそうだ。
ドワチャッカ大陸でもっとも豊富な食文化があるのはガタラのようだ。
この地方は、他の地域に比べると彩色豊かな料理が見られ、ガタラブタまんといった特産物も存在している。
調査する前、ドワーフの主食は土であると予想していたため、いまだに高い文明力を持っていたことに驚きを隠せない。

防衛・安全保障

 

ガタラ・アグラニではほとんど防衛力が存在せず、有事の際はドルワーム王国がその安全保障を担っているのではないだろうか。

このためドルワーム王国では、国の規模から比較しても相当充実した装備を誇っている。

WS000142

しかし、腹パンをかましたら、意外と勝てそうな風貌!

特に兵士の装備は他大陸に比べても優秀な防御力を誇り、防具職人ギルドのお膝元に恥じない充実したものになっている。

城内には複数個所に兵士詰め所が存在し、また他の城では見られない病院も整備され、後方支援もぬかりがない。

WS000144

WS000145

前衛戦力以外にも、後衛として賢者の本部も存在しており、ハード、ソフト問わずレベルの高い防衛力と言える。

そのあまりにも充実ぶりから、太陽石の掘削を求めて他大陸を圧迫する可能性も・・・?

このまま枯渇状態が続けば、彼らは再び過ちを犯すことも考えられる・・・。

<地下都市が繁栄した理由とは

WS000126

ドワチャッカ大陸の象徴でもあるカルサドラ火山は各地でその絵画が多く見られる。

しかし、この絵には三闘士像がない。

ここに至る歴史はいまだ判明していないものの、三闘士像が建てられたことによって、火山活動が抑えられているのかもしれない

かつては火山の活動があまりにも激しく、あるいは溶岩によって地表が荒れ果てており、その厳しい環境が地下都市の発展に繋がったと考える。
戦争の結果の激しい荒廃と汚染から、地下から地上へと生存権を移したのではないだろうか。

下に続く道はほとんどが塞がれているため、地下がどれだけ汚染されたか知るよしもないが、既に3000年が経過しており、仮に放射能汚染があったとしても、核物質の多くは微小になっているものと考えられる。

ガテリア皇国滅亡からわずかな年月で、勝利したはずのウルベア地下帝国も滅亡しており、戦争によって多大な地下汚染が発生したのではないだろうか。

その後生まれた天魔によって、隣国であったドルワームを滅亡させてしまう。もしかしたらウルベア地下帝国も天魔の影響によるところもあったのかもしれない。天魔クァバルナの存在は、ドワーフたちの犯した罪のために生まれた存在ではないだろうか。

各地に広がる謎



大陸南部には、ザグバン丘陵という荒地が存在しているが、この地域の特色はその巨大なクレーターにある。
これが何時作られたものなのか、不明な点は多いが、近くには当時は強力だったレッド、ブルーイーターの存在もあり、魔物との関連性は否定できない。

20151126_1430280

グランドタイタス号の中に飾られてある絵画。
クレーター地域はアストルティアでも有名なようだ。

ザグバン丘陵の最果てには、ザグビナ遺構という旧三国時代に作られたであろう遺跡が存在している。
天魔復活の際は、この場所で封印することになったが、天魔と何か関連性があるのかもしれない。

もし関係があるとすれば、天魔は旧三国時代の何れかの国が作り出した存在なのだろうか。

さらに、ドワチャッカは宇宙との関わりがなぜか強く、ゴブル西砂漠では、謎の球体が発見され、簡単に姿を見ることが出来る。

ダウンロード (30)

これが一体何に使われたのか、旧世界の遺産なのか、はたまた宇宙から降り注いだものなのか、ドルワームの王立研究所の力を持っても、解明されるに至っていない。

しかし、唯一食感だけは判明しており、研究者によると、「やわらかくて甘酸っぱいが、口に入れると硬くなる」ようだ。
その科学者根性には感服するものである。

 

あとがき

今回のアストルティア見聞録は、前々から記事にしたかったドワチャッカ大陸を特集しました!
調べてみると、終わってしまった後のセカイという、厨ニ心を揺さぶる面白い歴史と文化をもっていたようですね。

次は、最強地域と名高い(!?)ウェナ諸島を特集します!

また、ここで書かれた内容の一部は、アストルティア創世記を参考にさせていただきました。

アストルティア創世記は設定画など、この記事とは比較にならない程、深いビジュアルが見れますので、興味のある方はぜひ手にとってください!個人的にはホント、いい本です!

良い記事だと思ったら応援お願いします!

mesa3

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)