花札パクリ問題 卑劣な個人口撃は今すぐやめるべきだ!

シェアする

※この記事は旧ブログからの引っ越し記事です。

ドラテン界隈を飛び越え、話題になっているのが切り絵師すみれさんの問題です。

公式で花札を出したところ、以前に自身で作られた二次創作物を引き合いに出して、「声をかけられなかった」とツイート。その後の押収もあり

二次創作のくせに起源を主張することは何事か!!とたちまち火災が燃え広がってしまったようです。

この行為自体は褒められたものではありませんし、初動での対応をえらく踏み違えてしまったと思いますね。素早く訂正すればよいものを、まったく困った話です。

ですが、別にそれに以上の出来事でもありません。

別にこれを出して金を儲けていたとか、公式を訴えるなど、発狂した訳でもありません。

「君の考えはこうこうこうで間違えているんじゃね?」
「はい」

で終了なのですが、例えばこれが出来なくても、その日寝て朝起きれば、大抵は理解できるものです。
いつもの著作権特高警察(自主的)が出現からの大炎上では毎度の事ですが救いがなさすぎます。

それで最も異常なのは、そのような応酬からなぜか、住所特定までがなされ、四方八方からの無慈悲な口撃に晒されてしまった事です。

・・・・理解不能です。

なぜ炎上して住所が家族が特定されなければいけないのでしょうか。なぜアカウント削除まで追い込むのか。

いったいどちらが発狂しているのか。

もし仮に製作者が発狂しているとしたら、それに発狂で仕返すほど滑稽で愚かな行為はありません。
どちらが下種か。そんなの冷静に考えなくても自明な事です。

とにかくドラテンもそうなのですが、インターネットというツールを使うことで好戦的になる輩は、やたらと多いと感じます。それに便乗する出来の悪い有名なゲームブログたちも同様。

厄介なのが、そういう叩くことを専業としているヤツらは基本的に集団戦法を得意としている点です。上杉謙信の車懸かり戦法のように、ひっきりなし休む暇もなく同じ方向を向いて叩き続けるので、
破壊力は抜群です。

このブログの過去の例を引き合いに出すレベルの話ではありませんが、あえて出すと、自分が見ていないところで、ある事ない事ない事を叩かれ、それをベースに話が進んでしまうのです。悔しいですね。見るに堪えません。

なぜそこまで口撃的になれるのか。
なぜ自分の人生に甘く、他人の人生にそこまで厳しくなれるのでしょうか。

・・・そういう自分はどうか。
このブログでは概念は強烈に批判します。スクエニしかり、運営しかり、社会しかり・・・ですが、公人を批判することはあっても、私人への批判はしません。もし仮に批判をするにしても、人格を否定するような事は絶対にしません。

さて、ネットでよくある論調として“マスコミむかつく”があります。

正直に言えばまさしくその通りです。

NHK、朝日新聞その他etc、別に読売でもフジでもいいですよ。
類まれなバラエティー豊かなクソキャラが揃っているのがマスメディアです。
もちろんクソとは言いますが、失くせとは申しません。

それに対して、“なぜそこまで一人を叩き続けるんだ!他に重要な事があるだろう!”と批判を投げかけるのがネット世論の主なのですが、いつからミイラ取りがミイラになってしまったのでしょうか。

主張は一過性を持つべきです。

仮にそのような考えを持っていたとしたら、今すぐ個人口撃をやめるべきですね。

口撃をやめ、少しは和をもって和を貴しとなすという千年以上前の概念をもう一度思い出すべきではないでしょうか。

まぁここを見てきてくれている人で、そんな人は居ないと信じたいですが・・・。

こんなの少数派の中の少数派の意見かもしれません。

それに何か啓蒙するような厚手がましい事を言うつもりもありません。
ですが、言いたいことは言わしてください!(´・ω・`)

少しでも共感できましたら応援お願いします!

mesa3

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
レクタングル(大きい広告)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大きい広告)
コメントの入力は終了しました。