意味不明な全サーバー配信許可

※2016年に起きた事件に基づいた記事です

このブログで以前から主張してきたyoutubeへの配信がついに許可されたということで、こんな辺境のブログになんの影響力もありませんが、一抹な願いが叶ってまずはよかったと思います!(´・ω・`)

youtubeへの動画配信は、実質的にはほぼ無干渉状態だったので、これで大きく変わる訳ではありません。
ただ、かなり前に一斉削除が行われるなど、明確な違反である事は確かでしたので、違反状態が名実ともになくなったのは朗報ですね!

2年遅いけど!

ニコニコ動画自体は決して嫌いではありません。むしろ以前は典型的なニコ厨だったのですが、運営は気持ち悪いサービスばかりで、来る客全員をむかつかせることに全力を尽くす自傷行為を展開。

それに今の時代に金を払わなければ好きなタイミングで動画を再生できないなど、お粗末すぎる仕様は相も変わらず。こんな発狂した無能官僚に支配されたお役所仕事集団ですから、ニコニコ動画は退潮傾向は否めず、客をyoutubeに完全に持っていかれている現状です。

そんなオワコンサイトと無理心中する愚かな行為を歩まずにホッとしております。

黎明期から既に完全無比なクソサイトではありましたが、面白いサービスも多かったのにとても残念です・・・|ω・`)

しかし、そんな朗報を消し去るツァーリボンバ級のいてつくはどうがドラテン界隈を騒がせています。
それが全サーバーの配信を許可するというモノ。

WS000196

案の定広場は大炎上。
この炎上ぶりは逆天井、チート事件に比肩するレベルで、しばらくは鎮火できそうもないでしょう。

まず賛否ですが、もちろん反対です!

ただ、強烈な拒否感といえば少々異なります。
例えばですが、現状もオートマッチングのコンテンツは配信は禁止されているなんて言葉はあってないようなもの、youtubeで検索すれば何十件と出てきます。既に配信OKサーバーという概念は実質的に形骸化してしまっているといえます。

ルールを縛ってあれがだめだこれがだめだと規制を設ければ、配信する側にとってみればその確認はストレスになる。たしかに一理あります。

全サーバー配信OKは名実の「実」の部分は既に達成されているとみることもできます。

そう考えると、全サーバー配信OKでも問題がないのではないかと思うのですが、二つの点において批判すべき点があります。

第一に説明がまったくないという点。
前日にドラテンTVがあったのだから、常識とかそういう以前に、情報を発信しない意味がわかりません。
これにより、発表する場がなかったからいきなり発表でも仕方がないよね!という擁護もできません。
ここまでくると、リックレイさんに何も情報が伝わっていなかったのではないかと思うほど、一文字も配信規定に関しての配信がありませんでした。

マジで運営にチャイナの産業スパイが紛れ込んでいるとしか思えないですよ!!


第二に急激な変化はいつも人を不幸にするという事実です。

科学(効率)と社会という二つの概念はいつも対立します。”こちらの方が効率的だからそうしよう。”
確かにその通りなのですが、いきなりそれをすると関わっている人間を全員不幸にします。

必要なのは、緩やかな深化で、少しずつ科学(効率)に寄っていくのが一番不幸を生まないベターな選択なのです。

配信OKサーバーを増やすのは良いのですが、いきなりそれを全てにしてしまうのか意味不明です。

ぼくも昔は比較的大きな会社に居たので、不肖なりとも分析すると、スクエニもそうですが腐った官僚機構は何か漠然と上で決まったものが、なんとなく下流へと流れ、下流の人間は上で決まったものだから仕方がないと、適当な言い分をつけて答えるのですが、その答えは冷静に考えると意味がわからないのです。

今回の株主総会で出た「とりあえず実施してみて様子を見る」というのも、まさにそれです。
意味不明なのです。「とりあえず実施したいなら配信OKサーバーを増やすだけでもいいじゃん。」「なんなら、配信不可の場面を少なくすればいいじゃん」そういう素朴な疑問を通り抜けて、「全サーバー配信OKだ!」みたいな、振り子のような極論にたどりついてしまうのです。

残念ながら、完全に末期ですね。

企業体質がもう末期なのです。一度滅びれば目を覚ますものの、この会社はドラクエとFFを抱え、スマホで味をしめていますから、自分の体が腐っていることに気づかないのです。

鍛冶はドラテンで好評だった。平行世界の人間なのでしょうか。ああ、なんと哀れな。

しかし、そんな事知ったことではありません。
まがりなりにもドラクエ10を今までプレイしてきた身、そんな意味不明な理論を曲がり通って迷惑を被るこちらの身を少しは案じろやボケと言いたいです。

あえて、賛成をするならば、全サーバーを配信OKとして、あらゆる違反行為・・・この場合は暴言などですが、それについて完璧に個別で対応すれば賛成です。

しかし、それが現実的にできるのでしょうか。

例えばその配信が、ある有名配信者を偽ったもので暴言を言いまくったとします。
それを見て偽物かどうか判断できるでしょうか。
暗号化されている部分を確認できない以上、確信がもてない以上、むしろ個別で対処するのは極めて危険な行為になりえます。

それを全ての事案でできるのか、とても現実的な話とは言えません。

今回の件はオートマッチングコンテンツの配信を許可するだけで良かったと思いますね。
もしするにしても、少しずつ変化をさせて行き、最終的には全サーバー配信許可まで時間を掛けてもって行けばよかったと思います。5年かけてここまで来ちゃったんですから。

これでも批判は出るでしょうが、とにかくなぜここまで急激な変化をさせてしまうのか、本気で意味がわからないです。

運営の今回の判断は不必要な不幸を生んだだけのバカげた行為でした。

配信者は反動に萎縮し、一般ユーザーは疑心暗鬼になり、運営は意味不明な答えを述べるだけで不信感を買っただけ、1人残らず不幸になっています。


バカなのでしょうか?

全サーバー配信許可にNO!と思った方は応援お願いします!!

mesa3

フォローする

コメントの入力は終了しました。